スクワットはやり方で効果が変わる!?

スクワット運動とは

スクワットはやり方によっては効果が変わってしまう!

スクワット運動をすると………

メリットは

・お腹周りの脂肪を減らす!
・体脂肪を減らす!
・脚痩せできる!
・ヒップアップに効果的!
・足腰の健康を保て生涯自分の足で歩き続けるため!

などなどありますが………

「スクワットは良い」という情報だけでやみくもに始めてしまうと、

『スクワットで脚が太くなった』

『太くなってから細くならない』

『ぽっこりお腹は成長するし股に隙間がなくなった』

など、結果が出せず逆効果になってしまったりします。

本当は、脚を太くせずに基礎代謝を増やして痩せるはずだったのに〜!
なんてなることも考えられます。

どうして?スクワットで思ったような結果が得られない理由

なぜこのようなことになってしまうかというと、現状の骨盤の傾きや筋肉の使い方のままで筋トレをしてしまうからです。

例えば、同じような体型の人よりモモが太い人・ふくらはぎが太い人のように部分的に太くなる方は、立っている時や歩いている時にその個所の筋肉を多く使っている可能性が高いです。

そのような状態でネットや本などに載っている筋トレを試しても、実際の筋肉とは「骨盤のひずみや骨格筋のひずみ・呼吸の状態」などで誤差が生じているため思うような結果が得られないのです。

スクワット運動も、骨盤の傾きや内股・ガニ股などでやり方が全く違います。

「膝がつま先より出ない」とか「お尻を下にしてしゃがんでいく」だけではないんです。

太モモの太い人は太モモに負荷をかけ過ぎない事が必要です。

名古屋市緑区・大府市・東海市のパーソナルトレーニングジム SPIRIT/スピリット

PAGE TOP